スケッチブログ

現場レポート


今日から本格的な階段施工です。
プレカットとは言え、今回は折れ斜め曲がり階段(?)なのでほぼ現場合わせです。
「ウーン?難しい」と手が止まりました。

それでも何とかするのが大工さん。さすがです。

現場で何度も打合せと確認です。

午後から天井下地のボード張りです。
仕上げの左官屋さんやクロス屋さんの事を考えて接合部をV字に綺麗にカットしていきます。

2012年1月31日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

電気工事の様子です。
通常ユニットバスの天井の懐に電気配線が集結します。
ログハウスの場合、大工作業も大変ですが、電気工事はログハウスの構造や間取りなどを
知っていないと在来工法とは勝手が違うので大変だと思います。

2012年1月30日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日はI様と一緒にショールームを廻りました。
TOTOとノーリツに行ってきました。
特にユニットバスをメインに説明を聞きました。
お掃除機能や乾燥暖房機や・・・、ジェットバスなんかもあります。
カタログでは判りにくいところもあるので、時間があれば是非ショールームに行きましょう!

2012年1月30日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日も大工さんは床張り中でした。
これは2階の床の梁です。
2階にトイレがあるのでこの空間で勾配を付けて下に下ろします。
その際パイプスペースが必用なので間取り設計の際に要注意です。

建具周りにもしっかり断熱材が入りました。
明日から階段の施工です。

2012年1月29日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

窓の設置です。
窓を設置したらログ材、Tバー、窓枠材それぞれが縁が切れているため雨水の浸入を
防ぐために防水用の「ブチルテープ」を貼っていきます。
この時にログとログのV字部分からも水が入るため、コーキングをしっかりしておきます。

ここでスケッチはちょっと特殊な施工をしています。
それは企業秘密です・・・。ってたいした事では無いです。

2012年1月29日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日から床張りです。柱周りをカットしながら張っていきます。
張ったあとはしっかり養生をします。

2012年1月28日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

妻壁の施工中です。
今回ロフト妻壁は縦にログ板を張っていくため、胴縁は横に等間隔に打っていきます。
桁と妻壁の間に、通気用のパッキンを施工します。(黒い蜂の巣のようなものです)
続いて胴縁ですが、そのまま打ったのでは空気が通りません。
そこで胴縁に等間隔に穴を空けときます。

同時に妻壁の施工がしやすいようにロフトのベランダの根太を施工しておきます。
緑色に見えるのは注入材を使用しています。(防腐対策です)

2012年1月28日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

妻壁の施工途中です。柱、梁、そして壁の骨組みの間柱が見えますね。

外壁の下地にはダイライト(不燃材)を張っていきます。

その上に防水シートを張っていき、その上に仕上げの板と下地の通気を取るための(通気)胴縁を打っていきます。

全体はこんな感じ。

屋根の下地合板が綺麗だったので思わず「パチリ!」

2012年1月27日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |


下塗りがほどよく乾いてきました。
いよいよ塗装です。
内部も着々と工事が進んでいます。
デジタルカメラの機能に広角機能があったので、思わず嬉しくていっぱい撮りましたが
柱が歪んだものばかりで、まともに撮れたのはこれ1枚でした。
トホホ・・・。
<

2012年1月26日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

快晴です!

でも超冷えます。大工さんに「作業するのに暑い夏と、寒い冬とどっちがマシ?」と
よく聞きますが、ほとんどの大工さんが「寒い方がマシ」と言われます。
確かに熱いのはどうしようもありませんが、冬場の仕事は作業中は結構「熱い(暑い)」です。

垂木と破風、鼻隠しが設置されたら、次は屋根下地の野地板張りです。
屋根勾配はカネ勾配(45度)、屋根材はGL(ガルバリウム)鋼板なので、野地板は
構造用合板を張っていきます。
カネ勾配は大変です。

これは軒裏から見た破風施工途中です。
溝が見えますよね。ここに軒天井板が差し込まれていきます。
もちろん現場施工です。

2012年1月26日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

組上げ二日目です。晴天です。でも冷えます。
しっかりカケヤで叩き込み、ログ材の付きもバッチリです。

午後には1階桁高の17段まで完了しました。
丸い穴がダボ穴、四角い仕口は柱が立つところです。

これは窓が設置される部分です。セトリング対応の為、ここに木を差し込みます。
上から見ると英字の「T」に見えるので通称「Tバー」とも言われます。

午後からロフトの柱と梁を設置して、妻壁の間柱を施工して行きます。

妻壁付近の垂木を据え付けてきたら日が沈みました。
本日これにて終了!

2012年1月25日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |


1回目の下塗りが、大分乾きました。
今日は2回目の下塗りです。
<

2012年1月24日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |