スケッチブログ

ログハウス


塗装も大詰めになってきました。
N様は外壁はチョコレート色、破風、鼻隠し、窓枠、軒天はホワイトを塗られました。
塗料は水性塗料です。
屋根の色とバランスが取れて本当に綺麗です。
妻壁部分。

窓枠と外壁。

2012年3月04日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

建具開閉のチェックをしたところ、掃きだしのまどの上部が枠にすれていました。
ログハウスの場合、色々な要因があり建具の開閉が悪くなる場合があります。
梅雨時期はログ壁も窓枠(無垢の場合)も水分を吸うので膨張して締りが悪くなる場合があります。
その場合、一番やってはいけないのが「削り」です。削ってしまって乾燥して縮むと隙間ができて
しまいます。状況判断が必要です。

今回の場合はあきらかに留金物の掘り込みが浅すぎて金物が枠の面より出ていたので
いったん金物をとって彫しろを少し削りました。バッチリでした。

2012年2月27日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

これは玄関内部の壁です。玄関がオープンなので少し目隠し的な壁が欲しいとのお施主様の
ご要望でした。ただ壁を造るのもしかり。それでは芸が無いのでガラスをご提案したところ
共感頂きました。じつはこのステンドグラスは他のお客様の玄関ガラスで、ペアガラスの
透明部分が割れたので、お取替えした際に保管していたものです。
割れたガラスを綺麗にとって、ステンドグラスをはめ込みました。
もちろんステンドグラスは無料です。
捨てる神あれば拾う神あり。

けっこう良くない?

内部の大工作業もほぼ終了です。
ドーマ部分。

1F階段付近。

2012年2月24日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

ログの間仕切りについては以前ご説明しましたよね。
(問)それでは間仕切板はどのように施工するのでしょうか?
(答)間柱を立てて、間仕切り板を横に打つ。
(問)50点です。確かに横に打つのですが、ログ壁と間仕切板の接合部分は?
(答)溝を掘って差し込みます。

手間といえば手間ですが、ガタ付きも無く、光も漏れませんし、なんたって見栄えが綺麗です。
ちょっとした事ですが・・・。

2012年2月23日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

ジャーン。これは何でしょう。
ガラスブロックですね。外溝の境界ブロック壁や、最近ですと外壁のアクセントに使用されています。
今回お施主さんへサプラズプレゼントしようと思ったのですが、場所が場所だけにご了解頂いた上で
プレゼントさせて頂きました。

続いて・・・、この扉は??

トイレ横の階段の隙間を現場でお施主様と相談して収納にしました。その扉です。

昨日の助っ人DIYのおかげでかなり外壁が塗れていました。

2012年2月22日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日はお施主さんとお施主さんの友人が助っ人塗装に来られました。

トイレの壁もほぼ完了。
上部の隙間が、そう「セトリングスペース」です。もちろん塞ぎますよ。

そしてこれが「ふかし壁」の下地です。この上にキッチンパネルを貼っていきます。

2012年2月20日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

「ふかし壁」って聞いた事がありますか?
ログハウスでは結構頻繁に出てくる施工です。
前回ご説明した様にログ壁は下に下がります。(セトリングします。)
本来動かないはずの壁に動いてはいけないものを施工する場合、ログの壁の前に動かない
壁を施工します。これを「ふかし壁」といいます。
これはキッチンが据付られる壁です。

キッチンパネルだけを貼る場合は下地の合板を張るだけでいいのですが、吊戸を設置する場合
合板だけでは持ちません。したがってこのような板を間柱替わりに立てていきます。

ロフトの柱が存在感が無かったので少しデコレーションしました。

1Fの間仕切りです。四角が二個。何か入るのでしょうか?

2012年2月17日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

ちょっとした事ですが・・・。
外部の手摺は結構早く傷みます。特に笠木が。
日本では木の柾目や板目で使用する場所が異なりますが、海外ではそういった文化がありません。
笠木に板目を使用すると、内側に反る場合があります。そうするとそこに水が溜まり腐りやすく
なってしまします。
Sketchでは笠木に面取りを行い水が溜まりにくくしています。
ちょっとした事ですが・・・。結構拘ってます。

内部は主にデザインと触れた感触です。

2012年2月16日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

1Fの間仕切り壁の施工の様子です。
先日ロフトの間仕切りをご紹介しましたが、違いが判るでしょうか?

ログハウスは木を一段づつ積上げていきます。無垢の木は自身の乾燥と自重によって痩せていきます。
そのためログ(木)で積上げた壁は、一定期間少しづつ動きます。(天井が下がります。)
この現象をセトリングといいます。
したがって間柱は天井まで伸ばして施工するとつっかえるため、このように上部に隙間をとります。
これをセトリングスペースといいます。
手前の壁はトイレと洗面台の間の壁です。四角いには何でしょう?(内緒です。)

間仕切壁の隙間に人が!
大工さんでした。
階段下の床板を張っていました。

2012年2月15日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日もお施主さんのDIY塗装です。
窓枠が塗れて・・、

軒天が塗れました。

今日は日曜日で大工さんがお休みなので、校長は内部のサンダーかけをしました。
内部のログ材の汚れと、小口の面取りです。
結局1日仕事でした。

ロフトに上がると大工さんの道具が作業台に整頓されていました。
気持ちいいですね。

2012年2月12日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

今日は少し曇り空です。
夕方までなんとか持ちそうです。
今日も朝からお施主さんが塗装を頑張ってます。破風、鼻隠しが2回通り塗れました。

上手く塗れてますね。

ロフトの収納壁も大分出来上がりました。

2012年2月09日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |

間仕切壁の施工です。
ロフトから施工していきます。今回ロフトは軸組工法なので1Fの間仕切りの施工と異なります。
(*1F間仕切りは次回にご説明します。)

1Fテラスの大引きと根太の注入材が入ってきたので独立基礎に設置しました。

このところ寒さも和らぎ、ここに座ってお昼のお弁当を皆で食べました。

2012年2月08日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス |