スケッチブログ

木造在来工法

13 / 13« 先頭...910111213


瓦葺きも終了間近です。
棟の部分があと少し残っています。
内部は壁の下地が張られています。
あとに仕上げをするクロス屋さんや左官屋さんのためのもPB(プラスターボード)張りは
慎重に丁寧にしておかなければなりません。

綺麗な仕上げでした。

2Fテラス部分です。
どんな仕上がりになるでしょう?
お楽しみに。

2012年1月17日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |


今日から瓦葺きです。一部GL(ガルバリウム)鋼板葺きの屋根を先行しました。
トラックから下ろされた瓦をベルトコンベアみたいな機械で屋根に上げていきます。


瓦割りされた瓦が破風から設置されます。

昨日設置されたユニットバス。
赤と青の配管。なんだかお分かりですね。
水とお湯ですね。


遠めに見るとこんな感じ。

2012年1月16日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

前回の正解は「軒天」でした。
ケイカル板を張った小口をカバーするためです。


1階の様子・・。1階の天井にも断熱材が敷き詰められました。


こちらは「地」が張られたところです。


階段から見上げ2階天井。

2012年1月13日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |


2F屋根の天井です。
しっかり「地」が張られててます。

そこへ断熱材を敷き詰めていきます。

お昼休憩に大工さんと打ち合わせ。

軒天の施工について確認しました。
ジャーん。
これはいったいなんでしょうか???

今外部は養生に覆われてます。

ブルーな世界です。
なんだかとても綺麗に見えたのでパイチリ。

2012年1月10日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

在来の現場は本日が仕事納めです。
本日サッシが届きました。

サッシはトステムのシンフォニーウッド。
樹脂サッシです。もちろんペアガラスです。
住宅エコポイントにも対応していますよ。


今日は大工さんと軒の収まりを確認。
今年もあとわずか、お疲れ様でした。

2011年12月25日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

在来の骨組みがしっかり見えますね。
ここから下地材や断熱材や仕上げ材などで隠れてしまうので
この状態でご覧頂けるのも、あと数日です。
仕上げも然る事ながら、やっぱり構造もしっかりご覧頂きたいと思います。

複雑な屋根の骨組みがよく判ります。
隠れてしまうのが惜しいような・・。
Sketchは特別な仕様は行っておりませんが
在来の構造がどのようになっているか現場でご説明しております。

内部も整理整頓。
やっぱり現場は楽しいです。
大工さんいつも付き合ってくれてありがとう。

2011年12月15日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

在来の現場です。
さてこれは何でしょう?
見ての通り玄関です。
でもよく見ると壁が丸いですよね。

当然基礎もアーチです。
これはログでは無理ですね。
下地の合板も丸くできるんでよ。


屋根屋さんが下地のルーフィングを貼ってました。
複雑に入り組んでる屋根なので、少し大変そうでした。

これは軒の部分です。
現場にいると若い奥さんが「かわいいお家ができるんですね」って。
嬉し~い!

2011年12月12日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |


現在の木造建築は金物の使用がとても増えています。
金物の少ない時代、ホゾや落とし込みや込栓などが一般的でした。
良し悪しは別として、少し寂しいですね。


確かに便利ですが・・。
同じ構造躯体で、金物仕様のものと、込栓や落としこみなどの木材加工のみのものと
耐震実験を見てみたいと思いませんか?

2011年12月08日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

今回の構造は少し屋根掛が複雑です。
図面で書ききれない部分は現場で合わせていきます。

この辺りは経験が物を言います。
下から見上げた屋根の下地です。

2011年12月07日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |


今日も快晴。とても寒いですが・・・。
本日上棟2日目。
大分ペースも上がってきました。
屋根の野地も仕上がり・・


こんな構造は、さすが在来ならではですね。


どんな外観になるかお楽しみに。

2011年12月06日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |

知り合いの設計事務所さんとコラボして在来工法の住宅を建築しています。「Sketchさんはログハウス専門なの?」と時々聞かれますがいえいえSketchは木造の工務店ですので在来工法も得意としています。ただ、五万と多いこの業界で、Sketchらしい在来工法の家をご提案しています。すべてオリジナル自由設計ですので、メーカーさんとは異なり時間がかかりますが、じっくりお客様のご要望を伺い、できるだけ自然素材を利用し、できるだけお安くお施主さんと知恵を絞ってお創りしたいと思っています。

プレカットの木材が搬入されました。
綺麗な仕口です。

 若い棟梁の指示に従って、阿吽の呼吸で進んでいきます。
日没前に無事上棟しました。
ログハウスも在来も、やっぱり木造の家はいいですね。
工事の進捗が楽しみです。

2011年12月05日 | カテゴリー 現場レポート, 木造在来工法 |
13 / 13« 先頭...910111213