スケッチブログ

屋根板金

今日は朝から曇り空です。
屋根の野地板も設置され、今日は板金屋さんがルーフィングはりです。
O様の屋根の仕上げはガルバリウム鋼板です。
ルーフィングはりの前に天窓廻りの板金の収まりと、

軒先の板金の収まりの確認をしました。

内部では大工さんが金物の取り付けをやっています。

2階は軸組みなので、要所要所に金物留めを行います。

こちらはログの開口部分。ここに窓(サッシ)が付きます。
これはTバーと呼ばれる材料をおさめるところです。
上部からみると英文字のTに見えるのでTバーと呼ばれます。

Tバーの板です。この板にサッシの耳が付きます。
ここでまた勘のいい方はログの巾よりやや細いのはなぜ?
と思われた方は鋭い。
元々の材料はログ厚みと同じ巾ですが、あえて現場で少しだけ削っています。

答えの知りたい方はどうぞおご質問下さい。
本当に些細な事ですが、なるほどという内容です。





 
 
 
 
 
2017年1月23日 | カテゴリー 現場レポート, ログハウス