スケッチブログ

現場レポート


昨日から瓦葺工事が始まりました。

手前に見えるのが棟換気。ログハウスは通常天井に懐を設けないので
垂木の中で断熱材と通気層を設け軒から棟に風が抜ける工法が一般的です。
室内から見るとこんな感じです。

煙突周りは板金をしてしっかり防水。

現場総監督(元棟梁のお父さん)の厳しいチェック!

お、お父さん足元大丈夫??
午後から親子でDIY塗装です。低いところはお父さん。

高いところは息子さん(お施主さん)

ところでこれは何でしょう?そうこの穴です。

正解は水抜き穴です。
黒い部分は防水テープです。スケッチでは防水テープをログとログの面取り部分に
貼ったあと、写真では見えにくいのですがコーキングをしてその上に幕板(化粧板)を
廻しさらにログと化粧板の隙間に縦にコーキングを施しますが、それでも木の特性で
将来隙間が空く可能性があるため、入った水を室内に入れないように斜めに孔を
施します。判った方はなかなかツーです。

2010年12月18日 | カテゴリー 現場レポート |

今日から垂木掛けと野地板貼りです。午前中に垂木掛終了です。

ログハウスはセトリング(乾燥と自重による木の収縮)によって全体が下がる為

垂木がスライドします。その為の特殊な垂木留の金物が必用になります。

更に天井には天窓や薪ストーブの煙突が設置される為垂木に加工が必要です。
これは煙突部分。

午前中に全ての垂木設置完了!

午後から屋根(瓦葺き)の下地になる野地板設置です。
杉の野地板を一枚一枚釘で打っていきます。

本日中に全ての野地板を設置しました!
明日はその上に防水用のルーフィング設置です。

2010年12月11日 | カテゴリー 現場レポート |

組上げ4日目本日午前中に無事上棟しました。
強風が吹く中、チーム大森大工ありがとうございました!

大工5人による阿吽の呼吸でどんどん組みあがっていきます。
今回無垢材という事もあり掛けやだけでなく大工さん特性の打ち叩き機で何度も何度も叩きました。
打ち叩き機

打ち叩き機の威力のおかげか無垢なのにこんなに付が良かったです。

午後から一気に垂木掛けです。風も少しおさまりました。

3時にお施主さんの奥さんから差し入れをいただきながら状況と部位のご説明。
「スケッチさんの大工さんってみんな楽しそうですね!」
「その通りです。なんせログハウスバカばっかりなもんでハハ!」「ボケとツッコミ役もはっきりしています」
「オーイ!足場が垂木に当たるで~!(棟梁)」
「ゲ!ゴメン。直します~。(小生)」
てな感じで明日から野地板です。

2010年12月09日 | カテゴリー 現場レポート |

いよいよY様邸キットが四国にやって来ました!
Y様にコンテナワイヤーをカットしていただきました。
Y様家族が見守る中大きなコンテナからゆっくりとログハウスキットがクレーンで
引き出されその雄姿を現してきました。

皆さん想像以上の木材の量と迫力にしばし呆然。

さあいよいよ組上げダー!

2010年12月07日 | カテゴリー 現場レポート |