スケッチブログ

ZEH支援事業について

平成30年度ZEH(ゼッチ)ネット・ゼロ・ハウス支援事業について

住宅業界では2020年度までに、新築工事の半分をゼロエネルギー住宅にする

目標を挙げております。

Sketchでは、ゼロエネルギー住宅を新築するビルダーに登録して、

ゼロエネルギー住宅の普及にも取り組みます。

この事業では、ゼロエネルギー住宅を新築しようとするお客様に補助金を

活用することができ、普及の大きな足掛かりとなることと思います。

私ども株式会社Sketchでもここで普及活動を公表致します。

ZEH 目標公表資料

「 ZEHロードマップ」に基づき、受注する住宅のうちZEH(NealyZEH含む)が

占める割合を平成32年度までに50%以上とする事業目標を掲げる。

≪ 平成30年度ZEHビルダー実績  ≫

◎2018年度(平成30年度)実績

ZEH      NealyZEH     その他           実績年間建築総数

新築 0%    新築 0%     新築 100%    新築 2棟

既築 0%    既築 0%     既築  0%

2018年度の普及率目標未達の主な理由と対策
(理由)
*弊社が積極的な普及が出来ていなかった事。
*お施主様に資金の余裕が無かった事。
(対策)
*打ち合わせ当初から積極的にZEHを進め、資金計画も立てる

【 ZEH事業計画書 】

2019年度(令和1年度)目標

ZEH         NealyZEH       その他

新築 30%      新築 20%       新築 20%

既築 10%      既築 10%       既築 10%

2020年度(令和2年度)目標

ZEH         NealyZEH       その他

新築 30%      新築 20%      新築 20%

既築 10%      既築 10%      既築 10%

1)ZEHの周知・普及に向けた具体策

当社は、環境に配慮し、Co2削減に貢献した家づくりを目指しています。

2015年よりZEHの説明を行っており、高断熱使用による快適性だけでなく

太陽光発電や省エネ機器による非常時の備えなど、ZEHの持つ特性の

併せてご案内にしています。

また、当社ホームページにおいて、ZEHに関する情報を公開し、コスト

ダウンの魅力についても発信しています。

今後もホームページ完成見学会などでZEHの普及に努めます。

2)ZEHのコストダウンにむけた具体策

当社の協力会社と共に、施工単価の適正化を図るために材料費の

見直しを行います。

また、建築工程の見直し、作業効率の改善によるコストダウンに努めます。

3)その他の取り組みなど

躯体の断熱について、標準仕様のUA値を省エネ基準(断熱等性能等級4)

よりも若干高めに設定することで、取引会社が主催するZEHセミナーなどにも進んで

参加し、常に情報収集に努めます。





 
 
 
 
 
2019年4月24日 | カテゴリー お知らせ