スケッチブログ

現場レポート


住宅省エネ2024キャンペーンが始まっています。
2023年よりも更に補助金がアップしています。
その中でも先進的窓リノベ事業が2024年は新たに玄関ドアも追加されました。
但し、窓リノベが必須のため1ヶ所でも窓をインプラス等でリノベしましょう。
そして昨日T様邸の玄関ドアの交換を行いました。
既存のドア扉のみ撤去して枠はそのままで、その上から覆うカバー工法です。
こちらが施工前の玄関ドアです。

外部周り

その内部。

工事の様子

そして施工後の新たな玄関ドアがこちら。

外部周り

内部廻り

全く違和感がありません。

こちらは室内トイレのインプラス窓工事。

所要時間はほぼ1日作業でした。

皆さんも補助金を上手に活用して断熱性能アップ!玄関ドアリフォームしましょう!

2024年4月19日 | カテゴリー 現場レポート, リノベーション |

築25年の木造住宅の第一期工事(屋根および外壁再塗装工事)完了しました。
カビと苔だらけだった屋根(カラーベスト)

真っ黒だった樋

所々角が欠け、手でこすると白くなった外壁

板がそり、表面がささくれた玄関ドア

本日足場が取られお披露目です。(一部足場のある時に撮影しました)
まずは屋根。
約1000箇所差し込んだタスペーサー。

遮熱用塗装で綺麗になりました。

樋も2Fベランダ防水塗装も綺麗に仕上がりました。


外壁のブルーグレーの塗装が青空と相まってとても綺麗ですね。





破風の白もとても綺麗です。

木製玄関ドアも輝きました。

雨天が続き予定より長く掛かりましたが、しっかり丁寧に作業させて頂きました。
お施主様も大変喜んで頂き、我々も嬉しく思います。
週明けより第二期工事に入ります。

2024年3月29日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

きっかけはお客様からのご相談でした。
スケッチのお客様の友人が漏水で困っていると。
詳しく聞けば、市内の繁華街の貸店舗のオーナー様で、水道局から漏水の疑いがあると
連絡があり、水栓を全て閉めても水道メーターがゆっくりと回っていて、知り合いの
水道会社のお願いしたが、漏水箇所を特定できず困っていてお客様にご相談されて
スケッチに電話がありました。
まずは漏水箇所を特定するための調査に入りました。


戦後すぐに建てられた木造住宅で、改装を重ね二階に風呂、洗面、トイレがあり
二階の浴室に入る給水管から音を感知しました。
ここで色々な仮説を立てました。
二階の露出の配管が鉄管だったので、壁を通る間ではなく恐らく地上の曲がる部分で
漏れているのでは。。。。
そこで地上に降りていると思われる部分を探し堀作業。。。

空襲で焼け野原の上に戦後すぐ建てられた木造。色んなものが出てきました。

狭い隙間で格闘すること1時間。水が染み出てきました。まずはこの近辺で間違いなし。

しかし結局この下では無く、壁の向こうの厨房の裏のコンクリート土間のしたでした。
しかも、二階に立ち上げるバルブ毎コンクリートで埋められていました!
定休日が月曜日だけなので、事後の作業は翌週に。
そして1週間後。。。
まずは先日の最初に掘り返した床の復旧。
電気の丸ノコは木屑が飛散するので手ノコで作業。

綺麗になりました。

先日のコンクリート下に埋まっていたバルブを撤去して栓をしました。
(※オーナー様が2階は今後水は使わないため)
そして水圧テスト開始。

30分程度テストを繰り返しメーターの動きが無いので水漏れ解消。

はつった箇所をコンクリート補修。


合わせて厨房の水栓の根元が弱っていたので2ヶ所根元部品交換しました。

全ての作業完了しました。
オーナー様も大変喜んで頂き、ほっとしました。
お店は岡山市北区田町2丁目4-13 うなぎ天ぷら ひぐち
です。とっても美味しくリーズナブルなお店です。
是非ご利用下さい。

2024年3月28日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

昨年建てさせた頂いたガレージの壁板が猛暑で痩せて実が外れたり、反りによる
割れが頻繁に起こったため杉の焼き板を上から増し張りさせて頂きました。
焼き板は2月初旬に入荷して、表を2回、裏を1回塗装し、しっかり乾燥しました。

一旦シャッターと四隅の板金を外し、増し張り開始。

全て黒ビスで留めました。

そして新たな鈑金を留めました。

しっかりコーキングも施しました。

当初は水に強い桧の羽目板で施工しましたが、想像以上の猛暑には桧は不向きだとわかりました。

大変お待たせ致しました。

2024年3月27日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築25年のガレージオーナー様より屋根の修繕工事のご注文を頂きました。
構造はツーバイフォー(2×4)工法の建物です。

屋根はアスファルトシングルで雨漏りはしていませんが、アスファルトが剥げて
建物周りに飛散していました。
一部シングルも剥げてルーフィングだけで保っている状態でした。

入口ドアも下部や枠が腐っていてその役目を終えていました。

オーナー様とご相談して今回はシングルの上に野地板を張り、あらたにガルバリウム鋼板屋根を
葺くことにしました。
まずは野地板張り。

そしてルーフィングを張り、仕上げのガルバリウム鋼板屋根を葺きます。


その間、木製ドアを事前に塗装しました。3回塗りです。
塗料はコンゾラン(水性造膜タイプ)です。

古いドアを撤去して、新たなドアを取り付けました。


天候に振り回されましたが無事完了し、オーナー様にも喜んで頂きました。
ありがとうございました。

2024年3月27日 | カテゴリー メンテナンス, 現場レポート |

現在、国の大きな3つの補助金事業「住宅省エネ2024キャンペーン」が始まっています。

1.子育てエコホーム支援事業(最大60万)
2.先進的窓リノベ2024事業(最大200万)
3.給湯省エネ2024事業(最大20万)
その中でも2の先進的窓リノベ事業を活用した玄関ドアの交換のご契約を頂いた
岡山市内のお客様(T様)のご自宅に事前下見実測調査に伺いました。
T様のご自宅の玄関ドアは両開きタイプです。

今回のドアも両開きタイプです。
カバー工法による最終の現場確認です。

お客様にカバー工法のご説明と、最終の柄、色を確認させて頂きました。

合わせて、今回の補助金の必須項目が室内の窓のため(玄関ドアは必須ではございません)
トイレ窓のの内窓寸法の確認もさせて頂きました。

これより発注して半月程度で工事に入ります。
工事は1日で完了します。
補助金額はドア、窓合わせて14万でした。
是非この機会に補助金を活用して賢くリフォームしましょう!

2024年3月17日 | カテゴリー 現場レポート, リノベーション |

築25年のログハウス(他社メーカー)の再生工事完了しました。
白蟻と腐れでボロボロだった階段もこの通り。

外壁塗装も行いました。


屋根もカラーベストからGL鋼板へ葺き替えました。

おまけ。。。駐車場のレンガも綺麗に磨きました!

年明けからの工事でしたが、春がそこまでやって来てました。

2024年3月07日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築25年の木造住宅の再塗装工事を承りました。
Sketchのお客様のご実家です。
本日足場を組みました。

敷地と公道の距離が狭かったので、道路占用許可を取り公道柱を出しました。
車の通れない狭い公道ですが、占用許可は必要なので申請しました。

これまで25年間一度も塗装はされて無いのでかなり劣化と汚れが目立ちます。

なかなか手強そうです。。。。

頑張ります。

2024年3月01日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築約30年のガレージの修繕工事を承りました。
主には屋根材のアスファルトシングルの劣化によりシングルの石が飛散を何とか
できないかとご相談頂きました。

構造はツーバイフォー工法で、野地板に雨漏りの形跡はありませんでした。

今回はこの上から野地板を張り、GL鋼板の屋根を葺くことをお勧めしました。
その他にも入口ドアが劣化により締まらないため交換します。

既製品の室内ドアをしっかり塗装して対応することでコストを抑えるご提案をさせて頂きました。

2024年3月01日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

昨年末から取り掛かった築25年の他社ログハウスのメンテナンス工事も大詰めです。
昨年末にデッキ階段付け替え工事~白蟻駆除~防蟻工事が終わり。
今月から再塗装、屋根葺き替え、破風・鼻隠し板金工事、樋交換と進めています。
今月初めから旧屋根(カラーベスト)の撤去工事を始めました。
まずはカラーベストが滑り落ちない様に落下防止の養生設置。

そして上から少しづつカラーベストを取り外していきます。

全てのカラーベストを撤去したら古いルーフィングも撤去します。
野地板(OSB)が現れました。
天窓に被せてある板は割れ防止の養生です。

次に新たなルーフィングを張っていきます。
今回は遮熱ルーフィングを張りました。

その後鼻先、ケラバ、天窓のの新たな水切りを取り付けて、新設のガルバリウム鋼板
を張っていきます。

天窓の純正の水切りは一旦外しておきます。

今回屋根がカネ勾配のため非常に気を使いました。

お天気の様子を見ながら慎重に作業を進めていき、無事棟まで完了しました。

こちらが天窓の復旧後の写真です。

棟からの景色はとても美しいです。

塗装も壁によって塗り回数を変えて対応しました。塗料はシッケンズフィルターセブンです。

基本的には3回塗り。


西面は西日で傷みが大きかったので4回塗りました。

後は鼻隠しの板金工事と樋の交換で完了です。
あと少し頑張ります。

2024年2月16日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

広島県世羅町のS様邸ログハウスの2年目メンテナンスに行ってきました。
いつもなら雪が降っていてもいい時期ですが、今年は暖冬です。
まずは外部からしっかりチェック!
ログハウス特有のセトリングも落ち着いたようです。

塗装はご主人のDIY塗装でした。
塗料はコンゾランを塗りましたね。
幕板は家族皆で塗りましたね。

まだまだ傷みも無く光沢もありますね。


室内では薪ストーブが大活躍です。
ログハウスと薪ストーブはやっぱり相性抜群ですね。
暖気を対流するために扇風機がフル回転されてました!

ログハウスライフを満喫されていました。
お土産に自家製の春菊をいっぱい頂きました。

2024年1月21日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

岡山市某所。
築25年のログハウスの屋根葺き替え工事前の外壁塗装完了しました。
西壁が想像以上にダメージが酷く、当初2回の塗装の予定でしたが
3回塗装にて完了しました。

塗料はシッケンズのFilter7プラスです。
造膜性塗料なので持ちがいいです。


来月より既存屋根のカラーベスト撤去工事に入ります。

2024年1月21日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築7年の倉敷市の住宅用ログハウスの再塗装が完了しました。
青に拘ったお施主様でした。
気に入られた塗料はデンマーク生まれの木材保護塗料。
ヨーロッパで長い間実績のある木材保護着色塗料「サドリン」でした。
青色の着色は非常に難しく、新築時も大変だったのを覚えています。
しかい今回も「青」に拘られました。
再塗装前の状態です。かなり劣化が見られます。特に妻壁の羽目板は色落ちが激しかったです。


高圧洗浄で洗うと更に塗装が剥がれてきました。


まずは全てのログ壁と羽目板をサンダーで磨き落しました。


そして塗装は劣化の少ない場所は3回、劣化の激しいところは4~5回塗り完了。


蘇りました。
お施主様も大変ご満足頂きました。

2024年1月19日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築13年のログハウスの再塗装完了しました。
創業間もない頃にセルフビルドスクールで建てさせて頂いた賃貸物件です。
現在はワンちゃんのトリミングなどをされているDogBeautySalon“SEI”様のお店です。
↓DogBeautySalon“SEIのHP
https://seikun.love/
今回も新築時と同じ水性造膜タイプのキシラデコロール「コンゾラン」を塗りました。
足場を設置して洗いに入りますが、両サイドが店舗と病院の駐車場のため
全面雑巾葺きで113年の汚れを拭き取りました。


その後コンゾランを3回塗り(痛みの状況によって4回塗り)ました。


新築時のように綺麗に蘇りました。

2024年1月19日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

エルガルディ総社中央店倉庫の第一期工事完了しました。
元々は断熱材も内壁も無い、ただのスレート倉庫でした。

今週初めに大工工事が完了して、本日床のCF(クッションフロア)工事です。
まずパテで凹みや穴を埋めて

CFを張っていきます。

室内は白ベース


入口は茶系(余った在庫品)

そしてソフト巾木を張っていきます。


階段も先日塗り直しました。


これにて第一期工事は終了します。
年明け中旬より第二期工事に入ります。
職人の皆さんお疲れ様でした。

2023年12月22日 | カテゴリー 現場レポート, リノベーション |

吉備中央町のT様邸のトイレ便器交換に伺いました。
今秋築30年の丸太ログを購入されて屋根葺き替えや、室内床増設など
大がかりな工事をされて、現在DIY塗装中(冬季休業中・・・)です。
先週、タンクレストイレの後方から水漏れがあり急遽交換工事になりました。
年末ギリギリでしたがセーフ。
今日も吉備中央町は氷点下でした。


奥さんが薪ストーブの薪をくべて頂き室内はとても暖かかったです。
薪をくべる手つきも手馴れて来ましたね。


これで安心して新年をお迎えください。

2023年12月22日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築7年の弊社お客様(O様)の再塗装工事が完了しました。
実は昨年ご相談頂き、ほぼ1年お待ち頂きました。
こちらが塗装前の状態です。
外壁塗料はサドリン(デンマーク生まれの木材保護塗料)でした。
通常SketchではシッケンズHLSeをお勧めしていますが、O様の好みの色が無かったため
サドリンクラシックをご案内しました。
↓サドリンクラシックについて
https://www.gen2.co.jp/type/1306


元々紺色は着色が難しく、また新築時の木(特に羽目板)のプレーナー表面には特に
着色が難しかったのを覚えています。
まずは洗いから。
緩めの洗浄で、すでに色が剥がれてきました。


ログ壁もこの通り。

今回の再塗装はケレン(磨き落し)が肝でした。
ここまで下地の状態が悪い場合は、できるだけサンダーで以前の塗装被膜を落とします。
これをきっちらやっておかないと、色も付かないし、まだらになりますし、すぐ剥がれます。


そして塗装。。。
妻壁板は多いところで5回、ログ壁も4回塗りました。
新築時よりも鮮やかな紺色になりました。

自画自賛ですが、お見事!

2023年12月21日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

築6年半のスケッチお客様より再塗装現場です。
実は昨年からご相談頂いていました。。。
ブルーはなかなか色付きが難しく、6年半でこのような感じになりました。

軒の深い正面はあまり色落ちしていませんが、裏面はかなり色落ちしていました。

先日足場を設置して

まずは高圧洗浄で「洗い」

この時点でかなり塗装が剥がれました。

そいてこれより磨き落し「ケレン」作業です。

板壁はほぼ落ちました。
ログ壁は軒のある所は軽くサンダー掛け、節部分は限界があります。


これより養生をして本格的な塗り作業に入ります。
乞うご期待。

2023年11月29日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

先日屋根工事と塗装工事をさせて頂いたお客様の知人で
同じ団地内のログハウスのお客様より屋根の葺き替え工事のご依頼を承りました。


先日のK様邸同様の他社メーカーで建てられた築20年のログハウスです。
屋根がカラーベストでアスベスト(石綿)含有建材のため、再塗装では無く
葺き替えをご希望されました。
早速先日取得した
「建築物石綿含有建材調査者」の資格が役に立ちました!

合わせて外壁の再塗装とデッキ階段の改修工事のご依頼も頂きました。

本格的な工事は年明けより行います。
スケッチでは他社で建てられたログハウスのメンテナンス、補修工事、改修工事など
ログハウス専門のスタッフが対応させて頂きます。
お気軽にご相談下さい。

2023年11月29日 | カテゴリー 現場レポート, メンテナンス |

店舗倉庫の改装工事のご依頼を受けました。
本当は年末まで予定が詰まっていたのですが、お世話になっている会社なので
何とかやりくりしてまずは年末までに2階の改装工事を終わらせる予定です。
こちらが2回の様子です。

先日、美咲町の江与味製材所に無理を言って間柱300本製材してもらい
引き取りに行きました。
いつも活気ある工場です。

30*60の間柱ですが105角に換算すると50本です。
大工さんに手伝ってもらって何とか荷下ろし出来ました。

今週末からスタートです。
誰か助っ人大工さん居ませんか~!

2023年11月23日 | カテゴリー 現場レポート, リノベーション |