スケッチブログ - 岡山のログハウス 株式会社スケッチ

スケッチブログ

株式会社Sketchはお陰様で2024年2月12日より15周年を迎えます。
これまでログハウスをはじめ、木造住宅、店舗、リフォームなど
多くのお客様に支えられ15年目を迎える事ができました。
そこで15周年の感謝の想いで以下の企画をご用意させて頂きました。(パチパチパチ)

2月以降に新規でご成約頂いたお客様に(※但し1千万円以上のご契約に限る)
ご契約金(税別)の約2%相当の素敵なプレゼントを選んで頂きプレゼントさせて頂くA案。

※現在その他の商品も検討中です。
若しくは請負金額(税別)の2%のクーポン券のをお値引きとしてご利用するB案。

AもしくはBのいずれかの企画をご活用頂けます。
是非この機会にご利用下さい。
詳しくは担当、図子まで。

住宅省エネ2024キャンペーンの補助金予算額が過去最高です。
2024年も3省合同企画で
2023年が3,000億でしたが2024年はなんと4,215億円です。

環境省による「先進的窓リノベ事業」
経済産業省による「給湯省エネ事業」
国土交通省による「子育てエコホーム事業」
の3本柱です。
しかし残念なことにあまり認知がされていない。。。。
そして内容が一見複雑に見える。
そこでSketchでは今後少し嚙み砕いて簡単にご説明していきます。
とにかくリフォームを考えているならこの補助金を利用するべきです!
今回はまず「給湯省エネ事業」の補助金をご紹介します。
給湯器を高性能な給湯器に交換すると国から補助金が出るわけで、
その代表的な給湯器が「エコキュート」です。
そして今回は電気温水器からエコキュートニに交換される方は
さらに交換撤去に5万円の補助金がでます。
経済産業書が認定しているエコキュートに対して8~10万(スペックによる)の補助金が出るので
合計で13万~15万の補助金が下ります。

ここで注意しなければならないのは
1.全てのエコキュートが対象ではありません。経済産業省が認めた各メーカーの
  エコキュートのみが対象です。対象商品は各メーカーHPもしくは販売店(Sketchは販売店です)
 でご確認下さい。
2.補助金申請は登録事業者に限ります。Sketchはもちろん登録事業者です。
3.Sketchの施工範囲は岡山県のみです。
以上ご注意下さい。

築100年以上の古民家に住まれているお客様より離れと納屋の修繕のご相談がありました。
離れは数年前までお母様が住まわれていましたが、縁側の土台が朽ち果て、畳床も落ちて
いたため解体をお勧めしてご了解頂き解体工事に入りました。
今回の最大の問題点が、敷地入口が狭く急であることと、離れまでの道が狭い事です。
よって解体は全て人力作業となります。


運搬は狭小用の運搬車で運びました。
通り道に樹脂製のマットを敷かさせて頂きました。

全て分別作業のため、トラックも分別されたものをピストンで処理場に運搬しました。

上屋が無くなり、次は小型重機で敷石や束石と、土壁の移動運搬です。

梅雨時期で雨の降る中の作業となりました。

こちらも小型運搬車が大活躍でした。

全ての作業が終わり、通路の樹脂パットや鉄板の撤去を行い、清掃。

終わった頃に晴れ間となりました。

職人の皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして毎日差し入れを頂いたお施主様、ありがとうございました。

https://camp-fire.jp/projects/view/768203
「木」仲間で、桧生産量日本一の岡山県の江与味製材㈱さんが
クラウドファンディングを開設しました。
林業の活性化に向けた消費拡大を増やすために
体験型ワークショップラボの建設にご協力下さい!

今は荒れ果てな巨大な倉庫ですが、これをこれから多くの方が集い参加できる
ワクッショプラボにリノベーションしたいと考えています。
拡散だけでも結構です。
何卒よろしくお願い申し上げます。

先日工事をした、先進的窓リノベ事業補助金を活用した玄関ドア工事の
補助金(140,000円)交付の確定通知が届きました。


申請から交付決定まで約2ケ月でした。
補助金には予算があるので、予算達成次第終了です。
上手に補助金を活用してリフォームしましょう!

住宅省エネ2024キャンペーンが始まっています。
2023年よりも更に補助金がアップしています。
その中でも先進的窓リノベ事業が2024年は新たに玄関ドアも追加されました。
但し、窓リノベが必須のため1ヶ所でも窓をインプラス等でリノベしましょう。
そして昨日T様邸の玄関ドアの交換を行いました。
既存のドア扉のみ撤去して枠はそのままで、その上から覆うカバー工法です。
こちらが施工前の玄関ドアです。

外部周り

その内部。

工事の様子

そして施工後の新たな玄関ドアがこちら。

外部周り

内部廻り

全く違和感がありません。

こちらは室内トイレのインプラス窓工事。

所要時間はほぼ1日作業でした。

皆さんも補助金を上手に活用して断熱性能アップ!玄関ドアリフォームしましょう!

築約20年の他社国産杉のマシンカットログハウスのメンテナンス工事のご注文を頂きました。
*外壁再塗装
*一部GL屋根の再塗装
*屋根の点検
一部塗装は今後のメンテナンスも考慮してデッキやデッキ階段はDIYをお勧めました。



現在、サドリン(油性浸透性塗料)ですが、再塗装はコンゾラン(水性造膜塗料)を塗ります。
お庭の花がとても綺麗でした。

秋頃から始めます。

瀬戸内市。
木造ハウスメーカー築25年のお客様よりメンテナンス工事のご注文を頂きました。
屋根、外壁の再塗装工事と1Fベランダフェンス壁の改修工事です。


年末頃の工事予定です。

岡山市北区。
先日2階ベランダ下屋根工事とリビング床補修工事をさせて頂いた
お客様より外壁再塗装のご注文を頂きました。
1階が堀込駐車場のため実質は木造3階建てとなります。


空き頃の予定です。

築35年の木造住宅。床鳴りがするためフローリングの床を交換しました。
古い図面とこれまでの経験からおそらく「肌別れ」と推測。
「肌別れ」とはベニアで何層にもなったフローリング材のボンドが経年劣化により
それぞれの接着部分が剥がれ強度が弱くなり歩くと床鳴りや沈みがおこる現象です。
また、当時と同じ床材が無いため、サンプル材を取り寄せ何度も打合せさせて頂きました。
今回採用したフローリング材は一般的な材料より少し高いブルズのフローリング材を
ご提案させて頂きました。
まずは肌別れと思われる既存の床板を撤去。

築35年の木造住宅ですが、床はコンクリート(ベタ基礎)でしたので、やはり腐れでは無く
「肌別れ」でした。
下地の調整を行いました。

そして新たなフローリング材を施工。

綺麗に収まりました。


お施主様も大変気に入って頂き嬉しく思います。

いよいよ2階ベランダ組上げ開始。
事前に刻み、塗装(2回)した桧(防腐注入済)を組上げていきます。

継手は仕口と金物で継ぎました。

手摺は下で梯子に組んでいきました。

床材も桧材です。

そして完成。

完成後、1Fベランダ床を塗装。

日を変えて2回塗装にsて完了。
塗料はキシラデコールコンゾランです。

綺麗になりました。

新設ベランダ材料刻みが終わり、解体工事に入りました。
今日の最高気温は28℃!!!まだ4月なのに。。。。
まずは手摺子から外していきます。

そして梁。なかなか厄介です。

梁が長いため、中央でカットして2回に分けました。


丸ノコが入らなところは手ノコで。

全て撤去完了。

来週組上げます。
晴れておくれ。。。

築25年のログハウス。
2階ベランダ梁上部と手摺子の一部が腐っているため全交換させて頂きます。

天候不順のため、少し予定を変えて本日は材料の刻み及び加工と先行塗装からスタート。
刻む者

加工する者(面取り加工)

塗装する者


塗装は後日二回目塗装に入ります。
次は解体です。