スケッチブログ

木洩れ日のささやき


以前広島で建てられたOB様から電話があり
余った敷地に皆が集えるBBQ小屋を自分たちでDIYで作りたいと相談がありました。
まだ構想段階でイメージはこんな感じだそうです。

数年かけて仲間達とDIYで少しづつ作りたいので資材の調達や
施工のアドバイスを受けたいとご相談頂きました。
ワクワクするじゃないですか!!!!!
わちろん時間の許す限りお手伝いしますヨ!
楽しみですね。

2022年5月27日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

先日の見学会で良く出たご質問をお答え致します。
今回は「造作」
我々(建築業者)がよく使う「造作」とは?
スケッチでは主に「既製品」に対して「造作」という言葉をよく使います。
「造作で造りゃあええが」とか「造作の方が使い勝手がええんじゃ」とか。。。
分かりやすいのがキッチンですね。
こちらがお馴染みの既製品の「システムキッチン」
どちらも「クリナップ」さんの「システムキッチン」です。


それに対してこちらが「造作キッチン」
こちらは天板がステンレスです。壁面はステンレス柄のキッチンパネルです。

こちらも天板はステンレスです。壁面はキッチンパネルです。

こちらの天板は人工大理石です。壁面はタイル張りです。

実はタイルは奥様のDIYです。


こちらは天板はステンレス。壁はタイル張りです。

こちらも壁のタイル張りは奥様のDIYです。


そしてこちらが「造作」の洗面化粧台です。

こちらの壁のタイルも奥様のDIYです。

他にもキッチンカウンターや

店舗のテーブルや椅子、ベンチなどなど

お客様のご要望に応じて大工さんがお造りします。
それらを総じて「造作」と言ってます。

2022年5月23日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

先日5/1に「ログハウスなんでも相談会」を行いました。
GWの中でしたが1組ご参加頂きました。しかも山口県からご参加頂きました。
K様ご遠方からわざわざご参加頂き、本当にありがとうございました。
K様からのご質問の中で特に印象的だったのは
「ログハウスの間取り」に関してでした。
そこで「ログハウスの間取り」に関して少しご説明させて頂きます。
まず、スケッチのログハウスの間取りは「自由」です。
いわゆる「自由設計」です。
スケッチには「モデルプラン」と言うものがございません。
全て「自由設計」です。
もちろん「自由」と言っても「構造有りき」「構造最優先」です。
建築基準法や丸太組構法技術に乗っ取って間取りを決めていきます。
間取りの進め方は皆さん様々ですが、
(1)しっかりご希望やご予算をお伺いした上で、間取りやデザインも
スケッチで決めさせて頂き話を進めていくパターンもあれば、
(2)お客様の方でデザインやデッサンして頂き、それを叩き台にスケッチで
手直しさせて頂く場合の大きく2パターンがございます。
お客様にデザインして頂く場合も皆さん様々で、以下実例を挙げさせて頂きます。
●何となくイメージを描いた場合

●ある程度話が進んでグリット(建物の外周)が決まって少し具体的に描いた場合

●少し設計を理解されて細かく考えた場合

●かなりログハウスの設計を理解されて描かれた場合

●エクセルを駆使して描かれた場合

●外観イメージを先行して間取りを描かれた場合

みなさん様々です。

中にはミニチュアログを造って来られるお客様もいらっしゃいます。

ここまで来られるとプロ顔負けです。凄いですね。

でもこの打合せや考える時間が楽しんですよね。
我々はそこに構造の観点から少しお手伝いさせて頂きます。
是非オンリーワンのログハウスを建てましょう!

2022年5月06日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

間取りの打ち合わせはさまざまです。
既に大体の間取りが決まっている方、全くゼロから一緒に考える方など。
もちろんご予算をある程度把握させて頂いてからになります。
私(図子)は設計士ではありません。一応CAD(パソコンでの図面作成)は出来ますが、苦手です。。。
アナログ人間なので基本手書きです。
実際手書きの方が、構造や導線などを考えながら「これはやっぱりこうした方がいいな」とか
ゆっくり検討できます。
通常、一日の作業が終わった「夜」の作業をゆったりとした音楽を流しながら、もっぱらコーヒー
を飲みながらの作業です。
こんな感じです。↓


そして欠かせないのがこの教材。
「丸太組構法技術基準解説及び設計・計算例」

こちらをチラチラと確認しながら検討したり、訂正したりもがいてます。(笑)
↓これは二階の壁を立ち上げるか、ドーマーにするか悩んでます。

で、お客様と打ち合わせ後、設計スタッフさんにCADで作成してもらいます。

造作のキッチンや洗面化粧台も基本的には同じです。

肝心なのは、いかにして木材のムダを無くし少しでもお安くお客様に提供できるかの検討です。
集成板で割付をして不足や無駄が無いか確認する作業はまさにジグソーパズルゲームの
ような感覚です。ぴったり使い切れた時は「か・い・か・ん」です。。。(笑)

メーカーさんではなかなか出来ない作業をお客様と一緒に楽しんでやってます。
世界に一つだけのオリジナルログハウス、オリジナルキッチンを一緒に造りましょう。

2022年3月22日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

4月3日(日)に倉敷市広江にシフォンケーキと紅茶の喫茶店「aura」がついにオープンします。
ご夫婦の愛情たっぷりのお店とおもてなしを是非皆様堪能して下さい。


場所は倉敷市広江1-15-44

紅茶は新見市の「アーリーモーニング」さんの茶葉を中心に使用されてます。

薪ストーブを眺めながら、まったりとした時間をお楽しみください。


コラナ対策も万全です。

2022年3月10日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

先日ログハウスを建てたいというお母様と息子さんが来社されました。
お母様がログハウスに興味を持たれ、とても熱心にご質問されました。
私の拙い説明にもしっかり耳を傾けて、本当にログハウスが好きなんだなと感心しました。
なにより、この春就職したばかりの息子さんが、お母様の夢を叶えてあげたいと
住宅ローンを親子リレーで組みたいという熱意に心動かされました。。。
コロナ禍、ウッドショックと課題は山積していますが、何とか夢を叶えて差し上げたい
と思います。
誠心誠意応援します!

2021年12月06日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

あくまでも「Sketchが考えるログハウスの塗料と塗装に関して」と前振りしておきます。
まず塗料に関してですが、専門的な話になると書ききれないので超簡単に申し上げると
塗料には4パターンあります。
まずは水性と油性。(自然塗料もありますが、今回はこの二つ)
そしてそれぞれに浸透性タイプと被膜性タイプがあります。
浸透性タイプは名前の通り木に浸透するため仕上がりが「木目」がはっきりと見えます。
通常白木の場合2~3回塗装とメーカーは説明書きしていますが、Sketchでは
浸透性の塗料でオランダ製のシッケンズ セトールHLSeをお勧めしています。
もちろん他社メーカーにもいいものはありますが、費用対効果の面からSketchでは
シッケンズをお勧めしています。
ログ壁とログ小口、2F妻壁を板張りにした場合の外壁板、棟、母屋、桁は「4回塗装」を標準と考えています。
軒天板は「2回塗装」を標準としていますが、できれば3回をお勧めします。
次に破風、窓、外部ドアの外部周りの幕板はSketchdでは被膜性の塗料
キシラデコール コンゾランをお勧めしています。
理由はログに比べて薄い板であるため耐久性を最優先して「木目」はほぼ消えて
しまいますが、少しでもメンテナンスを軽減するためにお勧めしています。
そして塗装はできるだけDIYをお勧めしています。
最大の理由は「メンテナンスが必要だから」です。
もちろん全てをプロにお願いしても構いませんが、当然ながら費用もかかります。
何より自分で塗っていれば劣化の様子が日々確認できます。
また建てる環境によっても劣化は異なります。
「どんな家でもメンテナンスは必要です」
個人的にはログハウスのメンテナンスは外壁塗装に限るとと言っても過言ではありません。
出来れば新築当初と永遠に変わらない塗料があればいいのですが残念ながらそのような
塗料はありません。。。
またログ壁も被膜性の塗料を塗る(実際に外国メーカーのログハウスは多いです)のも
「外壁の劣化を少しでも遅らせたいと」と言う観点からの選択であれば正しいと思います。
上記を内容を少しだけ頭の中で整理して理解頂き、試し塗り等をした上で結論を
導き出されるのが一番いい選択だと思います。
その上でここだけは拘りたいと考え、違う選択肢を使用するのも大いに結構です。
下の写真は玄関ドアをアンティーク風に仕上げたくて、奥様が色々と情報を収集して
DIYされた玄関ドアです。
「世界に一つの素晴らしい玄関ドア」になりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA


追伸
大胆な気持ちも時に必要です。。。。

2021年8月10日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

本日O様とご契約致しました。
出会いから10余年。
当時からご主人の退職を機にご夫婦でシフォンケーキのお店を計画されていました。
いよいよこの夏から着工し晩秋に完成の予定です。
本当に本当に心から『おめでとうございます』
いよいよ動き出しましたよ!ワクワクが止まりません。

DIY一緒に頑張りましょう!

2021年1月24日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき, ログハウス |

スケッチでは構造に直接関係無い作業は積極的にDIYをお勧めしています。
その一つが塗装。
お勧めする理由は、もちろん塗装手間代を抑える事もありますが、
最大の理由は、『暮らしてからのメンテナンスを知る』ためです。
自分で塗る事により、劣化の具合が一目瞭然だからです。
もちろん塗料の説明から、塗装までの下準備、刷毛の使い方までレクチャーした上でチャレンジ
して頂きます。
これはほんの一例です。

女性でももちろん出来ます。

子供さんだって出来ます。いい思い出になると思います。

こんな高いところも。もちろんヘルメットなど安全に十分留意して。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こんなマニアックな所も。

慣れてくると使い古したようなビンテージ加工も出来ちゃいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


みなさんもチャレンジしてみませんか?

2021年1月23日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき, ログハウス |

このブログでも何度かご紹介させて頂きましたが、現在打ち合わせ中のお客様からも
ご質問があったので再び造作キッチンに関して少しご説明します。。。。
スケッチでは凡そ3割程度のお客様がキッチンメーカーのシステムキッチンでは無くて、
大工さんが作る(スケッチではこれを「造作」と言ってます)キッチンをオーダーされます。
↓こちらが某メーカーさんのシステムキッチンです。

↓こちらがスケッチでオーダーされた造作キッチン

<システムキッチンのメリット>は、
*おしゃれ、色柄の選択肢が多い、機能性が高いetc
<一方デメリット>は、
*画一的、細かい高さ、幅の対応が出来ないetc
決してログハウスに合わないわけではありませんが、せっかくの無垢の木に囲まれた空間で
しかも女性(とは限りませんが。。)が一番居る時間が長い場所で使用するものなら、個々に
あった高さや巾や仕様にしたいですよね。
<造作キッチンのメリット>は
世界に一つの唯一無二のキッチン、高さ巾がピッタシといった満足度と言った所でしょうか。

<メーカーの既製品に比べて高いのでは?>と言うご質問が一番多いですが、
決して同等のメーカー品より高いものではありません。
但し、レンジフード、コンロ(ガスorIH)、シンク、水栓などの設備機器は
造作する事が出来ないため、スケッチでも設備屋さんから購入します。
ここであまりにハイスペックな物や高額な物を選択するとトータルでは高くなって
しまします。
また「大工が作る」所がポイントです。
大工さんが作るため細かなデザインの対応は出来かねますが、一般的な
開き戸、引き出しは可能です。
また、写真にもありますが正面や再度のタイル張りなどもDIYされるとさらに
お得で、一生の思い出にもなる事でしょう!
是非、キッチンや洗面化粧台は「造作」しましょう!

#造作キッチンのスケッチ
#スケッチの造作キッチン
#ログハウスと造作キッチン

2020年9月25日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

新築現場でいっぱいゴミを見かけますよね。
全て産業廃棄物、つまり処分にお金がかかります。
もったいない・・・・。
ハウスメーカーなどはできるだけゴミが出ないように規格化を進めているみたいです。
ログハウスでは一般の住宅に比べて、サイディングや石膏ボードやプラスチック類を
ほとんど使わないので「環境にも優しい家」ですが、断熱材関係はどうしても出ますね。
グラスウールやロックウールは帯状のものが数枚まとめて梱包されるので、使用しなかった
物はそのまま利用できますが、切ったものは「端材」つまり「ゴミ」扱いになります。
発砲系の断熱材(スタイロやカネライト)は現場カットするとどうしても端材がでます。
すでにプレカットされた商品もありますが、値段が高いです。
ならば捨てずに利用すればいい!
なのでスケッチでは現場ででた断熱材を床下やユニットバスなどの間仕切り壁に収めさせて
頂いています。

こうすればゴミが出ません。

手間と考えれば手間かもしれませんが、地球に優しく、人にも優しく一石二鳥だと思います。

2019年5月12日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

う~ん。悔しい。
昨年秋頃から調査していたお客様の土地。
何度も調査しては兆しが見えたかと思うと、崖から突き落とされたり・・・。
あと一歩まで来ては振り出しに戻ったり。
いやいや土地は本当に難しいです。
もちろんほとんどの方はそんな経験もする事も無く購入されていると思いますが。
農業振興地域、調整区域、、、。
自分の土地なのに自由に出来ない。
でも、諦めたら終わりなので最後の最後まで諦めません。
頑張りましょう!
差し入れありがとうございました。

2019年1月22日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

先日お引渡ししたM様邸のコンテナ設置です。

実はもともとSketchのコンテナで今春倉庫移設に伴い処分を検討していたところ
M様にお引取り頂きました。
レッカーで積み上げ設置です。

電気幹線とお隣の家に注意しながらの作業でした。

ここで予想外?の事態に。。。。
地盤のレベルが・・・・・。

約1時間格闘の末設置。
M様ありがとうございました!
有効活用して下さいネ。

2018年11月06日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

今年も建部里山の「鎌上式」に参加してきました。
晴天に恵まれ、まずは里山の整備から。
草刈、枝打ち、薪割り。。。。


みんなかっこいい。


そしてお待ちかねの料理。


地元の野菜や鮎や猪肉などをつかったアウトドア料理です。
そして「鎌上式」
今年の豊作を神様に報告とお礼をして鎌を返上。


そして地元の方々とのアウトドアな交流会。


おのおのの一年を語りながら会は盛り上がりました。

みなさんお疲れ様でした。
たけべベースキャンプ(フェイスブック)にもアップしています。
https://www.facebook.com/takebe.basecamp/

2018年11月04日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

こんな資料が最近増えてきました。

「消費税10%」
どこか他人事の様に思っていませんか?
どうせまた延期じゃないの?とか思っていませんか?
いやいや残念ながら現実です。
どうにかして差し上げたいのですが、、、、、。
無理です。。。
まあスケッチは小さな小さな(ヒッソリ生息しています)会社なので
予約で殺到なんてありえませんが、
でもスタッフも職人も限られた人数なので対応にも限りがあります。
増税に惑わされてはいけませんが、行動力も必要です。
あ~のんびりしてたら10%になってた~。
なんて事が無いように行動して下さい。

2018年8月09日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

もう昨年のお話ですが、東広島にお施主さんの想いとSketchのご提案する
カントリーを基調とした在来工法の住宅を建築させて頂きました。

ログハウスとはまた違う、「シンプル」で「牧歌的」な家を造るにあたり
カントリーハウスとは違う、何かふさわしい名前が無いか模索していた時に
倉敷市茶屋町にある老舗のカフェ「メレンゲカフェ」の雰囲気が近くて
オーナー様に「メレンゲハウス」のネーミングを承諾頂きました。
本日やっと完成したS様邸の写真集をお渡しできました。
レンガを敷き詰めた場所が私のお気に入りの場所です。

一段上がった無垢の床板を敷いた場所も素敵です。

ちょうどお昼時ともあって、大好きなホットサンドを注文しました。

私は30年ほど前からの大ファンです。

水出しコーヒーの機械。もちろん現役ですがインテリアとしても素敵です。

最後にオーナー様と記念写真。

本当にありがとうございました。

2018年3月03日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

今日は津山市A様邸の2年目のメンテナンスです。
先日事務所に来られたお客様のお休みと重なったため、A様に見学のご相談をしたところ
快諾いただきました。
今日は久しぶりの快晴です!

気温も穏やかで、ここ数日の寒波がウソのようです。

早速外部のボルト締めと塗装の劣化をチェック。

玄関下屋根の梁の水平をチェック。

西のログ壁やノッチにヤニが出ていました。何故か西日の当たるところはヤニが出やすいです。
A様のヤニはほぼ固まっていました。出ている途中は柔らかく手に付くと取れ難いので、完全に
出尽くすまで待ちましょう。

北側は建築当時とほぼ変わらず、塗装はまだまだ光沢が残っていました。
薪が増えましたね。

そして外部が終わったら、床下点検です。

こちらはユニットバスの下。間仕切り壁の断熱材が見えますね。
まったく湿気も無く、もちろんカビや漏水もありませんでした。

こちらはキッチン。こちらも異常無し。

その頃室内では薪ストーブが炊かれ、A様がお客様に説明して下さいました。

ご夫婦じゃあありませんよ。

やっぱり県北。乾かすものが違いますね。。。

室内は20℃。温かいですね。

説明はほとんどA様にお任せしました。
A様ありがとうございました。

Sketchは展示場を持ちません。商品案内のパンフレットもありません。
だから建てたおうちと建てて下さったOB様が営業マンなのです。
あらためた「ありがとうございました!」

2018年1月29日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

お客様と一緒に住宅ローンセンターに行ってきました。
一生に一度の大きな借入です。とてもとても不安ですよね。
なので私はでき得るだけご一緒させて頂いています。
今回JAさんをご紹介させて頂きました。

数ある金融機関・・・。どこがいいのかな?
何を用意したらいいのかな?不安、不安、不安。
ここで詳しいご説明は割愛させて頂きますが、何点かのみアドバイス。
*必ず2社以上融資相談に行きましょう!
*わからない事は何でも何回でも聞きましょう!
我々も同様ですが、専門用語が多い世界。できるだけわかり易く説明してもらいましょう。
借りられるあなたは金融機関にとってはお客様です。全く遠慮する必要はありません。
でもやっぱり遠慮しますよね。
だから私達が一緒に行くのです。

かなり個人的にですが、JA岡山のWさんはとても分かり易く説明して頂き助かります。
余談ですが・・・・。
JAは組合組織なのでローンを組む場合、出資金が必要です。
一口3,000円以上、MAX200万までです。
なんと配当金が2%!!!!(今時定期でも0.1%無いですよね)
決してJAの回し者ではありません。。。。
とても勉強になりました。
住宅ローンを相談に行く際のポイントを詳しく聞きたい方はご連絡ください。

2018年1月15日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

セルフビルドについてお問い合わせがございましたので簡単にご説明いたします。
「セルフビルド」とはログハウス業界で使われる言葉で「自分でログハウスを建てる」ことです。
ログハウスって素人でも建てれるの?と言うご質問には「YES」です。
ただし、当然ながら簡単なわけではありません。
簡単だったら大工さんは不要ですよね。
また、建築には基礎工事→建前(組上げ)→小屋組→屋根工事→設備・電気工事、建具工事
→内部大工工→塗装・板金工事→外部給排水工事→内装工事→美装工事、、、、
などなど考えただけでもかなりの工程があります。
「セルフビルド」は大工工事を自分でやることです。
では、基礎屋その他の工事は?
自分自身が土木知識、経験者であれば構いませんが、素人であればNGです。
基礎の型枠、コンクリート打ちを間違えたらその時点で終了です。
また、電気工事などは資格が無ければできません。
こちらはSketchで実際に建てられたH様。
H様は実は自宅のログハウスもセルフビルドで建てられました。
基礎はプロにお任せ。基礎パッキンから施工されました。

もちろん土台の据付も自分で。

ログのアンカーの穴空けも自分で。

2件目なのでカケヤの打ち方も手馴れたものです。

H様がセルフビルドできた要因として、まず手伝ってくれる仲間がいたこと。

常に誰かが手伝いに来られていました。特に屋根仕舞いまではできるだけ早く行わないと
内部に雨が入り込むとやっかいです。

それから道具を持っていること。丸ノコ、インパクト、脚立は最低必用です。
もちろん作業台や手ノコ、カンナ、差し金なども必需品です。


つまり手間も時間もお金もかかります。
そして何より経験です。H様も何度も現場に来られました。
組上げはもちろん施工中も何度も何度も来られました。
あとは熱意と勇気と努力かな?

もちろんサポートはしっかりさせて頂きます。

収まり方などは幾通りもある場合がございますので、自分にあった施工をお選びください。

ただただコストを抑えようと思ってセルフビルドを検討するのはお勧めしません。
やってみたいと言う強し意志がある方のみ全力でサポート致します。


「家を自分で建てる」なんて出来たら素敵ですよね。

2017年12月04日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |

オーダーキッチンに関してよく質問がございますので簡単にご説明させて頂きます。
オーダーキッチン、憧れますよね。
スケッチの考えるオーダーキッチンはあくまでも大工さんの手造りキッチンです。
オーダーキッチン専門店様が作るものとは造り方、あるいは素材や金物も異なります。
目的は「コストを抑えながらも自分に合ったオリジナルなものを造る」です。
よく「メーカーのシステムキッチより安いの?」とか
「いくらくらいするの?」と言う質問が多いのですが
使用する設備(レンジフード、コンロ、水栓)などによって大きく変わりますし、
天端の仕上げを何にするか(無垢の木、ステンレス、タイル、人工大理石)によっても
大きく変わります。
スケッチでは概ね60~100万程度でしょうか。。。
奥様が一番過ごされる時間が長く、一生使うものですのでじっくり検討したいですよね。
コストを抑えるヒントとして。
1)引出は極力少なく。
2)設備(コンロ、レンジフード、水栓)はできるだけ標準グレードで。
是非みなさんご検討下さい。
以下はイメージです。(いずれもスケッチオーダーキッチンです)

2017年7月07日 | カテゴリー 木洩れ日のささやき |