スケッチブログ

ログハウスの不思議

四国の現場に行ってきました。

床貼りの準備です。

限られた空間で作業効率を上げるため事前に各部屋の材料を拾い出し

その寸法に切ったものを各部屋に置いて、一気に仕上げていきます。

計算中の大森棟梁。「話しかけないで」オーラが出てました。

と言うことで・・・、外回りのチェックです。

これは桁と母屋の間の軒天です。以前桁のところが少し空いていた

写真を掲載したと思います。

完全にふさがってますよネ。

これは間口側のログ桁と軒天の収まり。複雑に廻縁が打たれています。

これら全てがセトリングに絡む仕上げです。

この収まりが判る方はなかなかですぞ。





 
 
 
 
 
2011年1月19日 | カテゴリー 現場レポート

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。