スケッチブログ

屋根板金

玄関の下屋部分は屋根勾配が緩いためGL(ガルバリウム)鋼板葺きで仕上げます。
本体ログと下屋は縁が切れているため前回ご紹介したように下地にも板金処理を
しっかりしました。
ノッチが出ているところなど、雨水の浸入が無いようにしっかり施工しています。

1階の階段の施工です。プレカットと違って、現場施工になるので大工さんの
腕の見せ所?です。2階で使用する予定の丸太柱を急遽変更して階段の親柱に
使用しました。





 
 
 
 
 
2011年6月14日 | カテゴリー 現場レポート

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。