スケッチブログ

内部天井工事


垂木に断熱材を設置しています。
垂木の高さは約190mm、そこに100mmの断熱材を設置し、90mmの通気層を取り
軒から入った空気が屋根方向に上昇して、軒換気を抜ける仕組みにしています。

I様邸は建物自体も大きく、屋根面積もかなり広いため、棟換気と妻換気を併用しました。
屋根材もI様のこだわりの商品です。





 
 
 
 
 
2012年6月06日 | カテゴリー 現場レポート, 国産材ログハウス

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。