スケッチブログ

野地板(四国ログハウス編)

今日から垂木掛けと野地板貼りです。午前中に垂木掛終了です。

ログハウスはセトリング(乾燥と自重による木の収縮)によって全体が下がる為

垂木がスライドします。その為の特殊な垂木留の金物が必用になります。

更に天井には天窓や薪ストーブの煙突が設置される為垂木に加工が必要です。
これは煙突部分。

午前中に全ての垂木設置完了!

午後から屋根(瓦葺き)の下地になる野地板設置です。
杉の野地板を一枚一枚釘で打っていきます。

本日中に全ての野地板を設置しました!
明日はその上に防水用のルーフィング設置です。





 
 
 
 
 
2010年12月11日 | カテゴリー 現場レポート

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。