スケッチブログ

スケッチブログ

M様ご夫婦とシュールームへ行ってきました。
今回は「クリナップ」
今日はハウスメーカーのイベントもあって賑やかでした。
まずはキッチンから。。。
久しぶりに来ると新型が出たりして勉強になります。

上をみれば切が無いし、でも一生の買い物だし。。。
難しいですよね。

次回は他のメーカーシュールームに行ってきます。
その後、事務所で間取りの打ち合わせ。
今回も面白い発見、発想ありありでした。

お疲れ様でした。

倉敷市S様邸の外溝工事スタートです。
築10年のログハウスの外溝工事です。
昨年末に決まっていたのですが、冷え込みが厳しかったので今日までお待ち頂きました。
枕木で敷き詰められていたアプローチですが、枕木が腐ってきたため撤去します。

まずは土木作業です。今回も赤木さんにお願いします。
枕木を撤去して縁にレンガを敷き詰めて来週コンクリートを打ちます。

その後、コンクリートが完全に乾いたら特殊な洗い出し加工を行います。
S様と見本帳で色柄合わせを。

来週明けにコンクリート打ちです。

倉敷市ログハウスリノベーション。
先日床塗装1回目完了しました。
リボスの自然塗料(色調合)を塗りました。

今日はキッチン厨房のコーキング作業です。
まずはコーキングをするところにマスキングテープを貼っていきます。

今回ステンに合うライトグレーのコーキングを用意しました。
もちろん防カビ剤入りです。まずはコーキングガンで打っていきます。

その後、ヘラで均していきます。

そしてテープを剥がしていきます。

簡単そうで以外に難しい作業です。
全てのゴミを帰りに産業廃棄物処理場に運搬しました。
これで少し、いや結構安くなるんです。

昨年末から打ち合わせをしていた店舗のお話がほぼまとまりました。
ご両親のお子さんへの想い。
それに応えようとする子供の想い。
いよいよ形になります。
あとはみんなが一つになって前に進むのみ。
しっかりお手伝いさせてもらいます。
チョコとひなあられ、、、、ありがとうございます。
みんなの優しい想いがきっといいお店にすると信じます。

岡山市南区にて、M様邸の建築予定地の地盤調査を行いました。
現在仮契約中の土地なので、不動産屋さんを通して地盤調査の許可を頂いています。
地盤調査は必ず土地購入前に実施する事をお勧めします。
地盤調査はスウェーデン式サウンディング試験。
これは、北欧のスウェーデン国有鉄道が1917年頃に不良路盤の実態調査として採用し、
その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査を、1954年頃建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。
1976年にはJIS規格に制定され、現在ではJISA1221(2002)として戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって
実施されるに至っています。

今回は地域的に地盤が弱いことは予め近隣データから把握していたため
事前にM様にはご報告していますが、やはり気になります。

いつもお世話になっているMさんです。

結果が気になりますが、しばしお待ちを。。。

総社市に現地調査に行ってきました。
総社市清音はかつて都窪郡清音村と呼ばれていましたが、現在合併により
都窪郡は総社市に、「清音」という地名のみが残りました。

約100坪あります。

下水も来ています。
「清音」は裕福な村だったと聞いた事があります。

少し調べる事がありますが、いい所でした。
今日は春を感じました。
国調の跡。しかも「建設省」。。。
時代を感じます。

小屋(KOYA)のお問い合わせがあったので・・・・。
過去にこんなのを建てました。今回はログハウスでは無く在来工法で。
最初に言っておきますが、贅沢です。
こちらは後にプロの方に描いて頂いた絵です。

で、実物。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


なかなかいいでしょ。丸太を使って遊び心いっぱい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


この写真を見て気に入られたお客様の離れ。。。
こちらは主にツーバイ材で建てました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こちらは大森親方の遊び小屋。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


こちらも丸太や端材で造っちゃいました。
「隠れ家」や「秘密基地」が欲しい方は是非。。。

2月11日(祝日)建部町の里山で「炭焼き体験会」に参加しました。
町内の「めだかの学校」のイベントで、子供達に昔ながらの「炭焼き」を体験してもらう
イベントで町内の里山で実施されました。
今回はスタッフ側でお手伝いに行ってきました。
当日はとても冷え込みましたが快晴でした。
まずはお昼のアウトドア料理の準備から。
もちろん全てあるもので、

こちらは手作りアウトドア用ストーブ。茶釜が素敵です。

準備をしながら自己紹介も、一番右の方が里山活動のリーダー勝部さんです。

今回、私の同級生にも参加してもらいました。看護師さんです。

こちらでは昨年できた「炭」で火お越しを、さて何をするためでしょうか?(答えは後ほど)

10時過ぎに少しづつ親子連れがやってきました。

竹の節に穴を空けて「火吹き」で火を起こしています。

どんどん集ってきました。約10組の家族が参加されました。

まずは今日のスケジュールのご案内。

こちらは食材かな?パンの切り端じゃないよ。椎茸です。。。大っきい!

そしてスタッフの紹介。(緊張するな。。。)

つづいてリーダーの勝部さんから作業中の注意事項が。

いよいよ作業体験スタート!ここでも勝部さんから丸太割と炭焼きの説明が!

いよいよ炭焼き小屋へ!

釜の入口を開けてもらい、子供達はその炎にびっくり!

「すっげ~」とか「暑っち~」とかいっぱい歓声が上がっていました。

長老が炭焼き釜と炭焼きの説明をして下さいました。

釜の入口を見るのは私も始めてでした。すっごい炎です。

続いて丸太割りの作業場へ!

まずは長老達がお手本を。

続いてちびっ子が体験。

次は女の子。

「僕もやりたい」「私もやりたい」と子供達が手を挙げました。


最近の子供達は自己主張をあまりしないのでは?と勝手に思っていましたが
予想以上に反応が良くて何故かほっとしました。

続いて長老が斧で薪割り。流石です。

これにも「私もやりたい!」と子供が参戦。

股を開かないと大怪我の恐れがあるので、長老が説明して「エイ!」

昔から使われている道具達。鍛冶屋の息吹を感じます。

いつまでもこの道具が使われて欲しいですね。

里山で伐採され薪割りされた薪。

残しておきたい風景です。

さて今度は子供達が四角い空き缶をもらっていますよ。何をするのかな?

空き缶の中に籾殻(別名「すくも」)を敷き詰めていますね。

足元には松ぼっくりや木の実がいっぱい。

これは何の実かな?

思い思いの実や植物を入れていきます。

いっぱい入れれたかな?

大人も真剣。

これらを先ほどの炭で火お越ししていた台の上で焼いていきます。
焼け終わるまで子供達は自然の中でアスレチック。

その間にスタッフとご両親達はお昼ごはんの準備です。
いい感じに炊き込みごはんができました。

こちらの味噌汁もいい感じ。

さあ皆さん出来ましたよ~。


「いっただきま~す!」

すこもで焼いた「焼き芋も」もいい感じに出来上がりました。

「あっちい~」

「あっま~い」

先ほど子供達が缶缶に入れて焼いた「花炭」が出来上がりました。

私も初体験です。お部屋に置くと消臭効果がありますよ。
水に入れると濾過されて水がおいしくなるそうです。

大人も真剣。。。

午後二時閉会式。勝部リーダーから子供達に労いのお言葉が。


最後は子供達が大きな声で「ありがとうございました」の挨拶が。
本当に楽しい一日でした。
こちらこそ「ありがとうございました」

2月より創業9年目を迎えました。
ここまで続けられたのも皆様のお力があっての事と深く感謝いたします。
これからも驕る事無く、信頼される会社であり続けるよう精進して参ります。
昨年、不動産事業を起こしました。
時代の変革に取り残されないよう、同時に古き伝統を大切にしつつ
この荒波を乗り越えれるよう頑張ります。
これまで通り何卒よろしくお願い致します。

2月11日(日曜日)は建部町の里山活動参加のため、お休みさせて頂きます。
なお、里山活動に参加ご希望の方はこちらのフェイスブックもしくは
https://www.facebook.com/events/684844995238342/
Sketchまでお電話でお申込下さい。
お電話 086-245-2202(担当/図子)
駐車場等の関係で大人2組までとさせて頂きます。